優秀なEA&無裁量ロジックを無料配布 詳しくはコチラ

MACにXMのMT4をインストールする流れを解説します。

目次

MacにXMのMT4をインストールするやり方

XMでは、MT4をMacでも活用することができます。ただし、そのままでは、英語のままなので必要とされる方は日本語化も同時にしましょう。

ここでは、現実的にEAを動かすところまでご覧に入れたいと思われます。

XM公式サイトからMT4ファイルをダウンロード

まずXM公式サイトにアクセス後に、MT4(メタトレーダー4)をダウンロードします。

XMでMT4をダウンロードする

上のメニューバーのプラットフォーム>Mac対応MT4をクリックします。

ダウンロードボタンが出て来るページへ移り変わるので、「ダウンロード」ボタンをクリック。

MacにMT4をインストールする

ダウンロードしたXMTrading.dmgをクリックします。

XMTradingのダイアログが開きます。右側にあるアプリケーションに、ドラッグ&ドロップしてインストールをしてください。

XMTrading MT4をApplicationsにドラッグアンドドロップします。

上記をインストールされましたら、Wineのアイコンがついたダイアログが表わされます。

こちらのWine はWindowsのソフトをMACで利用できるようにする為のものです。

「XMは、開発元が未確認のため開けません」のアラートの対応方法

このアラート画面が出たケースですが、MACの左上にあるアップルマークより、

システム環境設定>セキュリティーとプライバシー>一般タブ

まで行って「ダウンロードしたアプリケーションの実行許可」の場所を「すべてのアプリケーションを許可」にチェックを入れる様にして下さい。

チェックが入らないケースでは下の方に「カギ」マークがありますので、そこの所をクリックするとチェックが入るようになります。

XMでMT4が使える口座を開設する

XM MT4を起動する

アプリケーションから、XM Trading MT4をダブルクリックして始動しましょう。

wineを介して、MT4を起動しています。

日本語化対応(文字化け修正方法)

MT4は最初は英語となります。

こちらをそのまま利用してもよいのですが、日本語にしたい場合の方法をお伝えします。

なお、日本語化はほんの少し手間が必要です。

MT4の言語を日本語に設定する

MT4を起動した状態のもとで、をJapaneseにチェンジします。

立ち上げてみると文字化けになります。

文字化けを修正する

文字化けを修正しましょう。方法は2つ見受けられます。

MacにMicrosoft Wordを既にお持ちの場合と、ないケースです。

方法1.Wordのフォントを活用して修正する

Wordがあると簡単です。

アプリケーションフォルダ内のMicrosoft Word.appを右クリックします。そして、「パッケージの内容を内容を表示」をクリックします。

フォルダを「/Contents/Resources/Fonts/」に移すと、フォント一覧が表わされます。msgothic.ttcという名のMSゴシックファイルを、MacのFonts(ライブラリにあります。)にコピーします。

MT4を再起動すると適正に表示されます。

方法2.「EasyWine」をインストールする

これとは別の方法は、EasyWineというものをインストールする方法です。

EasyWineをインストールする

githubからEasyWineの最新版をダウンロードします。

ダウンロードしたファイルを開き、アプリケーションへ移動します。

進行中に、Wine Gecho、Wine Monoインストーラが起動しますがインストールします。

XM MT4をEasyWineで開くように設定

インストールがすんだら、アプリケーションでXMTradingを右クリックしてパッケージの内容を表示します。

すると、アプリケーションの中にあるフォルダへ入ることができます。

次にあげるフォルダに見られる「terminal.exe」を見つけます。

/Contents/Resources/wineprefix/drive_c/Program Files/XM MT4

「terminal.exe」は、XM MT4の実行ファイルです。こちらの実行を今さっきインストールしたEasyWineを介して起動させましょう。

「terminal.exe」を右クリックします。

「このアプリケーションで開く」からその他をセレクトします。アプリケーション選択画面が出て来るので、それらの中から「EasyWine」をセレクトします。

「いつもこれで開く」という箇所をチェックしておきましょう。これにより、常時EasyWineを通して開くのです。

XM MT4のエイリアスを作る

ここからは常時こちらのEasyWineを介して「terminal.exe」開くことが必要です。

常に、このフォルダに行くのは手間暇が必要なので、エイリアス(Windowsでいうショートカット)を作り上げておきましょう。

前述の「terminal.exe」を右クリックして、「エイリアスを作成」をクリックしてください。

すると、「terminal.exe エイリアス」というものができあがります。お望みの名前に変更しておくと分かりやすいでしょう。

これをアプリケーション、またはデスクトップに移動させましょう。

アプリケーションです。最初からあったXM Trading MT4と新たな形で作成したショートカットがチェック出来ます。

オリジナルは文字化けのままです。

それでは、作成した実行ファイルをスタートしてみましょう!

EAやインジケーターを入れてみる

「terminal.exe」が入っているフォルダに、「MQL4」というフォルダがあるので、こちらへ入れればOKです。

/Contents/Resources/wineprefix/drive_c/Program Files/XM MT4/MQL4

それから後は、EAやインジケータの指示どおりに入れてみてください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる