優秀なEA&無裁量ロジックを無料配布 詳しくはコチラ

XM日経225の証拠金の計算方法を解説。

目次

そもそも日経225とは?

日経225について

ひとつの例としてアイフォンを使用しているユーザーは多いようですが、iOSのデフォルトアプリに株価があるのは聞いたことありますか?

株価のアプリを開くと一番上にN225と書かれているのがわかると思います。

N225とは「日経平均株価」のことであります。つまり株式指数の事を示しております。

また、FXと日経平均株価は表裏一体の関係があります。FXをしていて日経平均株価を知らないという方はせっかくの機会なのでぜひ理解しておいて下さい。

日経225

日経225の取引は、FXとはちょっと取引ルールなどが異なってきます。

株式指数を学ぶためには株式投資や現物、先物などの見識があった方がトレードする上でもアドバンテージになりますので、一からきちんとご紹介していきます。

まず日経225(N225)とは英語圏での明記です。

現在、東京証券取引所第一部に上場している銘柄数は約2,000ほどですが、そのうち225の銘柄の平均をターゲットにしているため日経225と称されています。

日経225チャート

また、225銘柄を代表として株式市場の全体的な値動きの推移を表すため、株式指数(インデックス)などというワードが使われています。

日経平均について知識を有していると、ドル円と結び付いて動くこともあるので、トレードする上でプラスになること間違いないです。

FXの経験が過去にある方でしたら、日経225の様なCFD取引のシステムはすぐに理解できます。

XMで日経225は収益を挙げやすい

ここまでは主に日経225について解説してきました。続いて、XMの「日経225」についてご案内します。

まず、XMにおいて日経225は非常に利益を出しやすい「CFD取引」であるということを覚えておきましょう。

まず、国内の金融ブローカーでしたら、先物取引をするためには専用口座が必要不可欠ですが、 XMはFXと一緒の口座で取引できることは大きな醍醐味の一つです。

レバレッジは最大200倍をかけて取引ができるので、ハイリスクな分だけ資金効率がとても良いという一面があります。

ハイレバレッジということは、すなわち証拠金が少なくて良いということですから、少ない額からトレードすれば国内業者よりもさらに低リスクで取り引きできるのです。

スプレッドの狭さが魅力的

CFD取引には、日経平均などの株式指数ばかりか複数のコモディティを採択していますが、日経225をおすすめする理由ですが、それはなんといってもスプレッドの狭さでしょう。

スタンダード口座のケースでは、通貨ペアの中でとりわけスプレッドが狭いのはドル円やユーロドルです。実際的なスプレッドは1.4~1.7pipsであるのが殆どですが、 日経225では現物で1.2pips 、先物で2.4pipsとなっています(※1pips=0.01円)。

初めてCFD取引をしてみたいという方は日経225をオススメいたします。

かえって、 XMで取引できる日経225以外のCFD取引はスプレッドが広いのが少しメリットが欠落してしまいます。

原油等は、日経225よりもスプレッドが狭いのですが、ファンダメンタル的なニュースが入ってきづらいので、予想外のマイナスを負ってしまう危険性があります。

こんなふうに算段すると、 情報の調達できやすい日経225がXMで一番利益の上げやすいCFD取引であると言えます。

XM日経225の証拠金の算出方法

XMでは証拠金計算ツールを提供しているので、現在の価格で最低限どれぐらいの証拠金が必要なのかということを値踏みするのにとても便利ですが、残念な事に通貨ペアでしか換算できません。

しかしながら必要証拠金は手計算でも十分できますので、ご自身の手元にある計算機を活用して取引に絶対必要な証拠金を計算してみてください。
また、CFD商品は通貨ペアとは計算方法が異なってきますので気をつける必要があります。

計算式は次にあげる通りです。

CFD商品の計算式

必要証拠金=ロット数 × コントラクトサイズ × オープン価格 × 証拠金率

例えばFXでの1lot、つまり100lotをベースとして思案してみましょう。

まず、コントラクトサイズとは取引単位のことになります。

日経225においては、最小のロット数が1lotからとなっていますので、1lot当たりの価値がコントラクトサイズになっています。

XMの公式サイトを確認してみると、株式指数のコントラクトサイズは「1」ですね。

現在の相場(オープン価格)は区切りよく20,000円として算段してみましょう。

証拠金率とは、最初に必要な証拠金の〇%で運用ができますということを意味します。
証拠金率は現物、先物いずれも0.5%となっているので、0.005を掛けます。

そういう理由で、100lot分の必要証拠金は次にあげるとおりです。

100lot分の必要証拠金

100(lot)×1(コントラクトサイズ)×20000(円)×0.005(証拠金率)=10000円

となり、1万円で100lot分の運用ができることが確認できました。

FXを行った事がある方ならば、lot数が100倍になるということだけを学習しておけば、取引そのものはFXとほとんどおんなじということに気づいたと思います。

こういった風に様々な商品をFXと同じ要領で取引できるのがCFD取引の醍醐味です。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる