優秀なEA&無裁量ロジックを無料配布 詳しくはコチラ

【不正】xmゼロカット制度を活かして両建ては可能?結論バンされます【禁止】

悩み

XMTradingのゼロカット制度を使って両建てしてもいい?

悩み

両建てしたら確実に勝てるんじゃないの?

悩み

どこまでが禁止でどこまでがOK?

今回はこの悩みに回答していきます。

XMにはゼロカットシステムがあり、追証なし・借金リスクなしの高待遇でハイレバトレードをすることができます。

ゼロカットを前提に両建てでポジションをとれば、マイナス補填を前提に必ず利益を上げることができてしまいます。

当然ですが、この手法はXMでは禁止されており、不正に両建てトレードをした場合、口座凍結やアカウント停止の処置を受けてしまいます。

もちろん、不正に得た利益を引き出すことはできません。

目次

XMでハイレバ取引をする時の両建て法

XMのゼロカットとボーナス制度を活用した全力を傾けてのハイレバトレードをおススメします。

ただし、そのやり方ではもちろんアッという間にロスカットされる場面もアップします。

そこで今回は「XMのルールを活かした両建て」でトレードのジャッジメントのミスをリカバーする方法をお話ししたいと思います。

両建てとは?

「両建て」より「損切り」を選択するのが基本

「両建て」とは、同一通貨の買いと売りの両方のポジションを保有している状況を言います。

相場が両ポジションを往復するようなトレンドをした際に両方のポジションで利益を得れる、という手法です。

しかしながら、現実的にはそのように都合良く相場が動く場面はあまりなく、両建てとは事実上の損切りであるシーンの方が増えます。

結局のところ、スキャルピングをするにおいて、両建てをするぐらいなら損切りをしてしまうことが得策ということになります。

ただ、XMでの取引については両建てが効果的になる状況もあります。

原則として「両建てより損切り」でも「XMのボーナストレード中」はXMだけで使用可能な両建ての活用の仕方があるのです。

両建ての「一般的な」使い方

まずは両建てトレードの一般的な手法を解説しつつ、そのあとXMで有効なトレード方法を解説していきます。

両建てで調整局面を打開する

基本的には「両建て」は理想的な正解ではなく、ポジションとは反対に相場が動いたケースでは早いうちの手仕舞いが得策でありますが、トレンド相場での調整局面に使用する両建ては効果的です。

トレンド相場では場当たり的な下落(一時的な調整)をリピートしながら上昇するものであり、当該の局面を狙いスキャル的な両建てで利益を乗せることはできます。

現実の損失ポジションを切らせない両建てではなく、利益の生じているポジションをキープしながら、一過性の調整でも利益を獲得する両建てです。

調整の値幅分を目論む両建て

普通の両建ての使い方

ただし、調整前に利食いするあるいは調整時にポジションをプラスするというセレクトが理想であると思います。

調整が来ると考えても、ここで利食いはできないのです。

XMならではの両建てを使ってのトレード

XMでハイレバ勝負をする時の「両建て活用法」

XMの仕様上、同じ口座での両建ては許可されていて、マージンコール状態(維持率100%以下)でも両建てならプラスアルファでポジションを持つことができます。

基本的に両建てはおすすめしませんが、こちらのルールをフル活用することでXMに関しては効果的になる方法があります。

取引量をキープしたポジション変更のための両建て

トレンドを読み損なって、相場がそれとは逆に伸びていきそうな時に用いる両建て法です。

もしも相場が見込みと逆に進行して、顕著なトレンドを生み始めた場面などで、維持率がダウンしてきたら、損切りをするか追加入金をする以外はロスカットに合ってしまいます。

そのような時、時として損切りすることで資金は低減され、次への収益の狙い目が小さくなります。

損切りして新規ポジションを保持した場合

トレード資金が減る一般的な損切りはOKです。

ここで同量の逆ポジションを持つ(両建てをする)ことで、新規のトレンドでの収益チャンスを保持することができます。両建て後すぐさま当初のポジションを決済することで損失はでますが、可能性をつなぐことが出来ます。

両建てでポジションを保有した場合

両建てを使ってポジション量をキープする手法

つまり、ポジション量を減らさずに売りと買いのポジションを持ち替えるということです。

XMの禁止行為!口座閉鎖などのペナルティを与える両建て

なお、XMは口座凍結などのペナルティを受ける両建てがあるので気をつける必要があります。

XMで口座閉鎖をされたと言う話は往々にして聞きませんが、そのような状況では保証金も奪取されるためご注意ください。

複数口座間での両建て

XMは最大8つの口座を持つことが可能ですが、両建てが認可されているのは同じ口座内での両建てです。これ以外の口座で両建てを行なうと、下手するとペナルティとして資産の没収もあり得るので避けることが大切です。

その他の業者間での両建て

XMと別のFX業者を使い両建てを行なった場合もペナルティの対象となります。

別の会社ならわからない?と思われるかもしれませんが、インターバンク直結のXMでは他の業者の取引状況から投資家を紐づけるシステムがあります。

その他のFX業者はライバルにはなりますが、個々の会社の利益保護のため見えないところでは連携があるそうです。

集団で行う両建て

複数名のアカウントを活用して、リスクヘッジしながら利益をターゲットにする両建ても厳禁となっています。別々の口座で思い掛けず逆ポジションを持っただけという主張をしても、XMの担当部署がウォッチングした結果、集団での行為だと決断したケースになると当該のありとあらゆるアカウント停止はもちろん、資金の没収も行われるのです。

「週末」「指標発表前」の両建て

週明けの窓あきをターゲットにして週末に用意する両建て、インパクトのある指標発表などの前に用意する両建ても認可されていません。ゼロカット制度を活用して大きな利益をターゲットにする手法はXMの損失となるため禁止対象になってしまいます。

このやり方は盛んに繰り返さない限りは多分大丈夫だと思います。

XMポイントを貯めるための両建て

ロスカット直前で両建てポジションをプラスしてXMポイントをターゲットにする方法もボーナス関連の規定違反となるようです。もち合わせた両建てが、ボーナス管理の担当部署が「違反取引」とジャッジされることもあるというです。

ただ、これについては、指摘を受けたことがないので気にせずにオーケーです。

以上がXMで禁止されている両建てです。

XMの両建てまとめ

XMのみ価値がある両建てが存在はするが、実際のところは両建てをするよりもスピーディな損切り(あるいは利益確定)を行い、次のエントリーポイントでもう一度ポジションを持ち直すべきです。

ただ、XMのボーナス制度とゼロカット制度を使用したフルレバレッジでのトレードを行う際、30pips動くだけで資産は3倍になるのでこのXMの両建て活用法で乗り越えられるシーンも少ないのです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる