優秀なEA&無裁量ロジックを無料配布 詳しくはコチラ

XMのゼロカットには、デメリットはある?マイナス残高がリセットされるって本当?

海外FXが初めての人にとって、ゼロカットシステムがなんなのかわからないということもあるでしょう。

「マイナス残高がリセットされ、追証が発生しない」

そんなFXにおける最大リスクである手持ち資金以上のマイナスが消えるなんてあり得ない!

そう疑う人も少なくないでしょう。

しかし、XMをはじめとした海外FX業者では当たり前のように行われている基本サービスです。

これだけのメリットがトレーダーにあるんだからデメリットも存在するのでは?と疑っている方向けに、この記事では海外FXのゼロカットシステムに関する基礎知識に加え、XMのゼロカットシステムがいつ執行されるのか、マイナス残高がリセットされないことはあるのかについて解説します。

先にネタバレしてしまうと、XMはゼロカットの執行にかなり力を入れており、これまで一度もマイナス残高リセットがされなかった試しがありません。(スイスフランショックの時でさえ、XMユーザーはみんなゼロカットで難を乗り越えました)

目次

海外FXのゼロカットというのは?

最初にゼロカットについて、is6comから引用します。

ゼロカットシステムはロスカットが間に合わず、借金を抱えてしまった場合に借金を0にしてくれるサービスです。

含み損がどんどん増えても、本来ならロスカットのラインを下回った時点でロスカットが発動するので借金を抱えることはありません。

しかし、相場が急変するとロスカットのラインを大幅に飛び越え、残高が0円を下回るケースがあります。特にハイレバレッジを使っていると必要証拠金が少なくなるため、ロスカットを飛び越えたときに残高が0円を下回るケースが増えます。

ゼロカットがないと、数百万、数千万という多額の借金を抱える可能性もあります。ロスカットが間に合わずに発生した借金は、“追証”という形で返済が必要です。

(ゼロカットの例)
現在の証拠金が1万円だったとして、相場の急変で5万円の損失が発生してロスカットが間に合わなかったとします。

引用:is6com公式サイト

ゼロカットがない場合→追証請求

ロスカットが間に合わなかった場合、「現在の証拠金1万円-レート変動の損失5万円=-4万円」となり、4万円の借金を作ることになります。損失は5万円です。

ゼロカットが発動した場合→追証なし

ゼロカットが発動した場合、「現在の証拠金1万円-レート変動の損失5万円=-4万円」となりますが、-4万円についてはゼロカットによって請求されません。つまり、1万円の損失だけで済むわけです。

ゼロカットシステムは国内のFX業者では承認されていない

ゼロカットは海外FX会社のみ採用が承認されているサービスです。口座残高がマイナスになったとき、通常は「追証」という形で借金が生じてしまいますが、ゼロカットを組み込んでいるFX会社では、その借金をゼロにしてくれるサービスとなっています。

つまり市場が思いもよらぬ動きをして、口座残高がマイナス10万円になったとしても、借金は0円として算定しなおしてくれるのです。

FXにおける取引では、損切が始動しなかったり、スリッページやスプレッドによって予想以上のダメージを受けるケースがあります。このようにどうしようもないケースにも、口座残高がマイナスになってしまえば、それは追証(借金)です。その借金を、例えて言うなら肩代わりしてくれるサービスなのです。

国内FX業者は日本の金融庁の規制によりゼロカットシステムを導入することはできません。

ある程度経験を積んだトレーダーは海外FXを使っている

トレーダーにとって、このうえないくらいアドバンテージとなるサービスなので、ゼロカットを決定打にして海外FX会社をセレクトしている方がほとんどです。

ゼロカットを組み込んでいるFX会社では、入金した以上のお金を要求されることはないということを覚えておくと良いでしょう。

ゼロカットのメリット

ゼロカットは損失を抑制してくれることが最たるメリットです。

「損切をしっかりセッティングしておけば大丈夫?」と考えている方はかなりリスキーです。

その理由は損切はFX会社が認可しないと決済されないからです。

もし突如とした値動きがあり、損切注文を入れていたとしても、FX会社の承認が遅れてしまったら、損失は次から次へと拡がっていきます。このように、FX会社の承認が遅くなっても、入金以上の損失をなくしてくれるので、損失を最低限に抑制することができます。

ゼロカットがあれば「口座残高=最大損失リスク」

また、海外FX会社はハイレバレッジも供給してくれているので、損失を最低限度にし利益を最大にすることができます。

ゼロカットのデメリット

ゼロカットは、損切が実行できず、追証となってしまったお金をゼロにしてくれるサービスだとご紹介しました。しかしゼロカットにはデメリットは存在するのでしょうか?

結論からいうと、ゼロカットにデメリットはございません。

ゼロカットは借金を背負わないということだけでなく、「借金のリスクがない」という安定性から、メンタルの安定にも貢献しています。

ですが、ゼロカットとの直接的な関連性ははっきりとしていませんが、スプレッドが広めに組まれているということがマイナスポイントかもしれません。

XMは公式ホームページにゼロカットの記載がある

海外FX会社の中で、一際優れているXMは、ゼロカットを組み込んでおり、さらに実績もしっかりとあります。

また、公式ホームページにも「マイナス残高リセットが適用」とゼロカットの明記があり、安心してトレードを行うことができる業者のひとつです。

あわせて読みたい
XMの口座開設方法・口座タイプ・ボーナスを徹底解説
XMの口座開設方法・口座タイプ・ボーナスを徹底解説海外FXで最も人気があり、日本人トレーダーからの支持率No1を誇るXM Trading。ここではXMTradingでの口座開設をする方法を画像を使って解説します。この記事を読み進め...

もしもXMでゼロカットされなかったケース

XMでもこれ以外のFX会社でも、ゼロカットが発動しなかったケースではいち早くサポートセンターに連絡に入れましょう。

そういったとき、ゼロカットされていない内容と口座残高のスクリーンショットを添付して送ると役に立ちます。

XMでは口座残高がマイナスの局面のときに、入金またはXMPを反映すると、ゼロカットが行使するようになっています。

なので、口座残高がマイナスの状態でも、0円にリセットされてから入金額が反映されるので、入金額が減少するということはないので、心配ご無用です。

XMのゼロカットによるマイナス残高のリセット反映はどれくらい?

マイナス残高のリセットは、早くて即日〜遅くとも3営業日以内には執行されます。

もしゼロカットの執行がされていない場合は口座情報などを含めてサポートに連絡すればリセットをしてくれます。

国内FX会社はゼロカットは禁じられている

ゼロカットは海外FX会社にしかないサービスだとご紹介しましたが、国内FX会社はなぜ取り込んでいないのでしょうか。

それは金融庁が制限していて、ゼロカットを制限しているから。

そのため、日本の金融ライセンスに登録しているFX会社は、借金を背負う可能性が大きいのです。

国内FX会社は多くの場合日本の金融ライセンスに登録しているため、ゼロカットを起用できないのですね。ちなみにハイレバレッジ(25倍以上のレバレッジ)も抑制されています。

まとめ

ゼロカットは海外FX会社だけが採用しているサービスで、入金額以上のマイナスをゼロにしてくれます。

これといって際立ったデメリットもないため、ゼロカットを組み入れているFX会社で取引したほうがいいでしょう。

どれだけ気を付けていても相場の急変動には対処できないときがあります。そのような時にあなた自身を守ってくれるのはゼロカットなのです。

特にゼロカットシステムに力を入れているXMがおすすめです。

あわせて読みたい
XM Tradingの口コミ&評判レビュー【海外FXおすすめ業者】
XM Tradingの口コミ&評判レビュー【海外FXおすすめ業者】海外FXでおすすめの業者を探している。XMがおすすめと聞くけど本当かどうか知りたい。XMで口座開設すべきか悩んでいる。このような方のために、今回は客観的な意見を踏...
あわせて読みたい
XMの口座開設方法・口座タイプ・ボーナスを徹底解説
XMの口座開設方法・口座タイプ・ボーナスを徹底解説海外FXで最も人気があり、日本人トレーダーからの支持率No1を誇るXM Trading。ここではXMTradingでの口座開設をする方法を画像を使って解説します。この記事を読み進め...
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる